愛知・岐阜・三重の各エリアで発行  家づくりからインテリア、エクステリアまで住まいづくりのすべてを追求する無料専門誌

住まいづくりcolumn

外は閉ざし、内に開く。 端正な壁の家

敷地の特性を生かしたプライバシーを守る暮らし

〈LIC・山本建築設計事務所〉

シンプルな「面」の広がりと「箱」の重なり。A邸は、無駄な凹凸のないモダニズムを極めたストイックな外観を呈している。RC造ならではの堅固な質感、水平ラインが強調された落ち着きのある佇まい…ほぼ同じ色で構成されたA邸は、見る角度によって異なる造形美を現わす。そして、100坪を超える敷地に沿って大きなコーナーをRC打ち放しの壁で囲っているため、重心の低い全体像の大きな建築物として印象を残す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RC造のジョリパットで深めのグレージュ色で塗装した外観。二台分のビルトインガレージ、エントランスとも最小限の形状に。玄関ドアの正面にある樹齢90年のオリーブの古木は、この家のシンボルとして家族と家をずっと見守ってくれるように植えられた

Post:2022.04.08